cr デッド オア アライブ エクストリームk8 カジノHTTPを使うWebサイトはすべて「安全ではない」――Google Chromeで明示へ仮想通貨カジノパチンコアナザー ゴッド ハーデス 最新

cr デッド オア アライブ エクストリームk8 カジノHTTPを使うWebサイトはすべて「安全ではない」――Google Chromeで明示へ仮想通貨カジノパチンコアナザー ゴッド ハーデス 最新

cr デッド オア アライブ エクストリームk8 カジノHTTPを使うWebサイトはすべて「安全ではない」――Google Chromeで明示へ仮想通貨カジノパチンコアナザー ゴッド ハーデス 最新

会社 四季 報 中古k8 カジノ photo

パチスロbar8192 WebのHTTPS化を推進している米Googleは、2018年7月にリリース予定のWebブラウザ安定版「Chrome 68」から、まだHTTPを使っている全てのWebサイトについて、アドレスバーに「非安全」(not secure)の文字を表示すると発表した。

 Googleは、通信の内容が暗号化されるHTTPS接続を推進する立場から、検索順位の決定にも影響を与えるなどの措置を通じ、HTTPからHTTPSへの切り替えを強く促してきた。

 現在のChromeでは、HTTP接続を使っているWebサイトはアドレスバーのURLの左側に「i」のアイコンが表示され、クリックすると「このサイトへの接続は保護されていません」という警告が表示される。

 これに対してChrome 68からは、「i」に加えて「Not secure」の文字を表示する。

photoChrome 68からは、HTTP接続を使っているWebサイトのアドレスバーのURLの左側に「Not secure」の文字を表示する(出典:Google)

 業界でもHTTPS化を促す取り組みが進んでおり、Googleによると、HTTPSを使ったChrome上のトラフィックは2017年10月の時点でAndroidとWindowsでは68%、Chrome OSとMacでは78%を占めるようになり、上位100サイトのうち81サイトはデフォルトでHTTPSを使うようになったという。

 今後もGoogleでは開発者支援のツールを提供するなどして、HTTPからHTTPSへの切り替えを促す方針。

仮想通貨カジノパチンコパナソニック ラグビー トップ リーグ

コメントを残す