k8 カジノ k8 スロット – lyrica8000.com

キャッシュ バック 登録k8 カジノ「Googleで変えたい」と富士ソフトの堀田副社長仮想通貨カジノパチンコビット コイン ショート

キャッシュ バック 登録k8 カジノ「Googleで変えたい」と富士ソフトの堀田副社長仮想通貨カジノパチンコビット コイン ショート

キャッシュ バック 登録k8 カジノ「Googleで変えたい」と富士ソフトの堀田副社長仮想通貨カジノパチンコビット コイン ショート

麻雀 アプリ オンライン 友達k8 カジノ

爆 サイ 青森 パチンコ 富士ソフトは6月11日、都内のオフィスで記者発表会を行い、Google Appsの企業向けバージョン、「Google Apps Premier Edition」を本格販売することを明らかにした。

グーグルの村上社長(左)と富士ソフトの堀田副社長

 Google Appsは、Googleがホスティングするコミュニケーションやコラボレーションのためのツール群。「Gmail」や「Googleドキュメント」(文書作成や表計算)などから構成され、小規模事業者や教育機関向けには無償版も用意されているが、今回富士ソフトが販売代理店契約を結んだのは、24時間体制のサポートや99.9%のメール稼働率を保証し、容量もアカウント当たり25Gバイトまで提供される有償のPremier Editionだ。

 パートナーとしては、Salesforce.comが既に名乗りを上げ、自社サービスと組み合わせて販売しているものの、Google Apps Premier Editionそのものを販売する代理店契約は、富士ソフトが国内初となる。

 記者発表会に同席したグーグルの村上憲郎社長は、「昨年2月、国内でもGoogle Apps Premier Editionの販売を開始し、クラウドコンピューティングによって実現されるSaaSに対して一定の理解が得られてきた。サポートの全国網を持つ富士ソフトの協力を得ることで、さらに弾みがつく」と話す。

 Googleはコンシューマー向けのプレーヤーとみる企業ユーザーも多いが、「クラウドコンピューティングのコンセプトは、コンシューマー向けだけではなく、企業向けのシステムでも十分機能する。企業向けのシステム開発で実績があり、信頼も得ている富士ソフトに先導してもらいたい」と村上氏は期待する。

 グーグルとのアライアンスを主導した富士ソフトの営業本部長、堀田一芙副社長は、「かつてのWindowsがそうであったように、SaaSも成熟が進んでいる。高い可用性とセキュリティを低コストで実現するGoogle Appsによって、旺盛なコンピューティング需要を抱え、なおかつ、グリーンITも意識し始めている情報システム部門のニーズに対して機敏に対応したい」と話した。

Googleガジェットによるシステム構築も視野に仮想通貨カジノパチンコ第 42 回 全日本 少年 サッカー 大会

モバイルバージョンを終了