宝くじ サマー ジャンボ 値段k8 カジノBMC、BMC Service Request Management Ver.2.2を発表仮想通貨カジノパチンコネムコイン ザイフ

宝くじ サマー ジャンボ 値段k8 カジノBMC、BMC Service Request Management Ver.2.2を発表仮想通貨カジノパチンコネムコイン ザイフ

宝くじ サマー ジャンボ 値段k8 カジノBMC、BMC Service Request Management Ver.2.2を発表仮想通貨カジノパチンコネムコイン ザイフ

仮想 通貨 最新 情報 ニュースk8 カジノ

パチスロ 鏡 フリーズ BMCソフトウェアは3月25日、「サービスカタログ」を提供することでエンドユーザーによるセルフサービスを実現するリクエスト管理ソリューション「BMC Service Request Management Ver.2.2(以下、SRM)」を発表した。パートナー経由での販売となり、6月1日からの出荷を予定している。

 同製品は「BMC Remedy Action Request System」上で稼働するため「BMC Remedy IT Service Management製品群」と統合し活用できる。また、SAPやSiebelといった業務アプリケーションなどとの連携も可能だ。

 SRMは、2008年4月に日本語版の発行が予定されているITIL V3で新たに加わった「リクエスト管理」の項目に準拠している。エンドユーザー自身がWeb上で、IT部門担当者への依頼内容についてコストや進捗を確認できるため、サービスリクエスト管理におけるエンドユーザーならびにヘルプデスク担当者双方の負荷を軽減できる。また「サービスカタログ(サービスの詳細が掲載されたページ)」を閲覧することで、必要なサービスをエンドユーザー自身が選択できる。

 なおSRMは、以下4つのコンポーネントに大別される。

Webベースのインタフェースでエンドユーザーに単一窓口を提供するインテグレイテッド・セルフサービス対応可能リクエスト、期間価格情報などを格納したサービスカタログサービスのサポートプロセスを作成し実行するリクエストマネジメントSLAの順守率などを測定するSLM

 SRMの初期導入価格は460万円。これに加え稼働環境として、BMC Remedy Action Request System(340万円)およびユーザー数に応じたライセンス料が必要となる。ライセンス料の詳細は次の通り。

ユーザー数価格1~507万6700円51~24915万280円250~49936万750円500~99969万300円1000131万8200円

関連キーワードITIL | ITサービス継続性管理 | 運用管理仮想通貨カジノパチンコ池袋 東口 パチンコ

コメントを残す