手数料 無料 仮想 通貨k8 カジノ日本IBM、インメモリデータベース管理ソフトを出荷仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 トークン

手数料 無料 仮想 通貨k8 カジノ日本IBM、インメモリデータベース管理ソフトを出荷仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 トークン

手数料 無料 仮想 通貨k8 カジノ日本IBM、インメモリデータベース管理ソフトを出荷仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 トークン

gogo ジャグラー チェリーk8 カジノ

まどか パチンコ アルティメット 日本IBMは6月24日、インメモリデータベース管理ソフトウェア製品「IBM solidDB V.6.1」の出荷を開始した。

 IBM solidDB V.6.1は、メインメモリにデータを格納し、高速なデータベース処理を実現する製品。ディスクに比べてアクセス速度が速いメインメモリにデータを格納することで、HDDにデータを格納するデータベース管理ソフトウェアに比べ、処理速度は約10倍になるという。バックアップ用のサーバでデータベースを二重化すれば、障害が発生しても、約1秒でバックアップデータに切り替えられるとしている。

 通信業界や金融サービス、インターネット上のチケット予約、電子商取引やSaaS(サービスとしてのソフトウェア)など、高速処理を必要とする分野に適している。

 IBMのデータベース管理ソフトウェア「DB2」や「Informix Dynamic Server(IDS)」と組み合わせ、これらのキャッシュとしてメモリを活用する製品「IBM solidDB Cache for IDS」および「IBM solidDB Cache for DB2」も併せて出荷する。インメモリデータベースでは実現できなかった大量のデータの高速処理が可能となる。

 価格はIBM solidDB V.6.1が341万1450円から、IBM solidDB Cache for IDSとIBM solidDB Cache for DB2が367万5000円から。IBMとパートナー企業が販売する。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワードIBM | データベース | DB2 | IDS | メインメモリ | Informix仮想通貨カジノパチンコパチスロ イベント 関東

コメントを残す