麻雀 あん かんk8 カジノHey Google、CESに本気出すってどういうつもり?仮想通貨カジノパチンコルパン 三世 新台 導入 日

麻雀 あん かんk8 カジノHey Google、CESに本気出すってどういうつもり?仮想通貨カジノパチンコルパン 三世 新台 導入 日

麻雀 あん かんk8 カジノHey Google、CESに本気出すってどういうつもり?仮想通貨カジノパチンコルパン 三世 新台 導入 日

カメラ 選び方 ミラー レスk8 カジノ

ひぐらし の なく 頃 に パチンコ 実機 IT業界の年明けは、ラスベガスで始まります。今年も1月9日(現地時間)から「CES 2018」が開催されます。7日から、前倒しでぼちぼちと関連の発表イベントが予定されていますが、このゆるい連載「Googleさん」で注目するのは、Googleが10年以上ぶり(たぶん2006年が最後だった)に大きなブースを出すことです。

 メイン会場ではないものの、レジストレーションのすぐ近くという、結構いい場所です。後ろには現在微妙な関係にあるAmazonのAlexaブースがあります。

 ces 1 CESのGoogleブース(赤い囲み)とAmazonブース(青い囲み)

 Googleが1月5日に投稿した公式ブログによると、このブースは「Google Assistant Playground」と名付けられ、Googleアシスタント搭載の新製品や“アシスタントの最新の使い方”を体験できるそうです。下の画像がブースの模型なのかただのイメージなのかは不明ですが、ちょっと楽しそう。

 ces 2 Googleブースの模型?

 ちなみにこの公式ブログでは、Googleアシスタントが4億台以上の端末で使われていると謳っています。Alexaと違って、Android端末に標準で載っているわけで、その分が大きいです。昨年12月にAndroid 5.0までさかのぼってサポートするようになったし。

 スマートスピーカーに限るとGoogle Homeシリーズ(Google Home、Google Home Mini、Google Home Max)よりAmazonのAlexaシリーズ(Echo、Echo Show、Echo Dot、など)の方が売れていそうです。Amazonは実売台数を絶対公表しないので分かりませんが、Googleは「10月にGoogle Home Miniを発売してからシリーズ端末を毎秒1台以上の割合で出荷した」と回りくどいことを言っており、計算すると670万台以上ということになります。

 ces 3 Google Homeシリーズ

 いずれにしてもAIアシスタントの勝負は自社ハードウェアの出荷台数ではなく、どれだけの端末に載ってユーザーに使われるかにかかっているので、サードパーティーを巻き込めないといけません。前後に並んだ2つのAIアシスタントブースのどちらにより多くのサードパーティー製品が並ぶのか、見ものです(行かないけど)。

 余談ですが、懐かしい2006年のブースの画像をみつけました。Google Baseというのも懐かしい響き。Googleさんもずいぶん遠くに来たものです。

 ces 4 2006年の公式ブログより仮想通貨カジノパチンコラグビー 京都 高校

麻雀 あん かんk8 カジノ副都心線で遅延情報を配信するディスプレイが稼働 仮想通貨カジノパチンコフィーバー マクロス フロンティア 2

麻雀 あん かんk8 カジノ副都心線で遅延情報を配信するディスプレイが稼働 仮想通貨カジノパチンコフィーバー マクロス フロンティア 2

麻雀 あん かんk8 カジノ副都心線で遅延情報を配信するディスプレイが稼働 仮想通貨カジノパチンコフィーバー マクロス フロンティア 2

きめ つの や い ば 映画 期間k8 カジノ image副都心線東新宿駅のディスプレイ(同社Webページより)

恵庭 パチンコ 6月14日に開業した東京メトロ副都心線では連日トラブルが発生している。相次ぐ列車の遅延とそれに伴うダイヤの乱れが生じ、主要な駅では遅延証明書を求める人であふれかえるといった事態も起こった。

 そういったトラブルの発生などをリアルタイムに表示できるディスプレイが副都心線駅に設置され、稼働を始めた。日立製作所は6月27日、副都心線の駅構内にディスプレイ情報配信システム「MediaSpace」を導入し、稼働を開始したと発表した。

 同システムは、運行状況などのさまざまな情報をセンター側で一元管理し、ネットワーク経由で、複数のディスプレイに自動配信できるマルチメディアコンテンツ管理プラットフォーム。

 列車の遅延や運行時の障害が起こった場合、振替輸送の実施などに関する情報をディスプレイに表示する。平常時には駅の利用におけるマナー情報を表示したり、災害発生時にはテレビの災害報道番組に切り替えたりすることもできる。

 遅延の情報を路線図などのグラフィカルな図で表示することも可能。ユーザーは、緊急時に自分が取るべき行動を直感的に把握できる。放送が聞き取りにくい場所や日本語に不慣れな外国人の利用にも適しているという。

 同システムは、副都心線の中の10駅で採用が決まり、6月27日現在、東新宿駅など6駅で稼働している。近いうちに残りの4駅でも稼働を開始する予定という。

コンテンツの表示例

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワードディスプレイ | デジタルサイネージ | 日立製作所仮想通貨カジノパチンコネイ マール チーム